Open Vol.24 優勝者 CottonCandy選手 デッキ解説&インタビュー

2016.11.04

10月23日に行われたJCG Open vol.24。
本大会で見事勝利したのはCottonCandy選手でした。おめでとうございます!
CottonCandy選手が使用した2つのデッキは「疾走ドラゴン」と「冥府エルフ」でした。

 

デッキ1 疾走ドラゴン

 

《ダークドラグーン・フォルテ》《ジェネシスドラゴン》といった強力な疾走を持つフォロワーを駆使して勝利するデッキです。ダークネス・エボルヴの新カードである《オーディン》《ダークエンジェル・オリヴィエ》を採用することで、ダークネス・エボルヴ前の疾走ドラゴンと比べて、より後半の試合が安定するようになりました。

同じく新カードで疾走ドラゴンの切り札ともなる《連なる咆哮》など、火力面においても大きく強化されたデッキです。

 

デッキ2 冥府エルフ

 

ダークネス・エボルヴの新カードである《クリスタリアプリンセス・ティア》《翅の輝き》を採用した冥府エルフ。《クリスタリアプリンセス・ティア》があることで疾走型のデッキやテンポ型のデッキなどに強くなり、《翅の輝き》があることで安定したドローができるようになりました。

ダークネス・エボルヴ前の冥府エルフと比べて安定性が向上しています。使用難易度こそ高めですが、取ることのできる動きの選択肢が多いため、様々なデッキへの高い対応力を持った優秀なデッキです。

 

CottonCandy選手へのインタビュー

今大会で使用したデッキの選択理由を教えてください。

私はもともとドラゴンを専門に使っていたので環境などは考慮せずにドラゴンを選びました。このゲームには手札破壊がないのでPP加速にカードを使用しても手札が枯渇することなくゲームを進められるという点でドラゴンを最初から使っていました。フェイスドラゴンではなく疾走ドラゴンにした理由も最初に述べたものと同様、使い慣れていたからです。

エルフについては《冥府への道》で勝つプランと《リノセウス》で勝つプランがあり、どの相手にも対抗できると考えたので選択しました。

自分のターン終了時、自分の墓場が30枚以上なら相手のリーダーと相手のフォロワーすべてに6ダメージ

 

ドラゴンデッキについて詳しく教えてください。

1番のキーカードは《オーディン》です。今RAGEが盛り上がっていますが、RAGEの配信でエイラセラフが活躍していたのでおそらくJCGの大会で使ってくる人が増えるだろうと考えて採用しました。
《連なる咆哮》にもこだわりがあります。《連なる咆哮》は、出したターンには場に影響を及ぼすことができないため、相手のフォロワーがいて押されているときに出しにくいカードなのですが、相手が《テミスの審判》で盤面のフォロワーを全て破壊したあとなら、結果として場に出しやすくなります。1度場に出してしまえば毎ターン《突風のドラゴン》が場に出てくるのでそのまま押し切って勝てることがほとんどでした。

自分のターン開始時《突風のドラゴン》1体を出す

今回、疾走ドラゴンを選んだのですが、今は《死の舞踏》が流行っており《ゴブリンマウントデーモン》《ファフニール》が単体除去されてしまうので大きいフォロワーを出して攻める形の疾走ドラゴンではなく、小さいフォロワーを複数場に出して攻めていくフェイスドラゴンの方が単体除去を打たれてもダメージが大きくないのでフェイスドラゴンを選択したほうがよかったと思いました。フェイスドラゴンは序盤から安定して動ける点も魅力的です。

 

大会に向けてどのような調整をしましたか?

GALBOYさんというドラゴン専門の方の配信を見て、プレイングや構築を研究しました。ランクマッチではJCGに間に合わせるためにエルフの練習をしていたので、ドラゴンは練習はせずデッキだけを組んだ状態でした。

 

大会で印象に残っている場面を教えてください。

エイラセラフビショップと対戦して、見事《オーディン》《栄光のセラフ・ラピス》を消すことができた場面です。こだわった部分が、うまく機能しました。

ファンファーレ 相手のフォロワー1体かアミュレット1つを消滅させる

 

大会での反省点を教えてください。

ドラゴンの構築に1枚採用のカードが多くなってしまっていたのが反省点です。欲しい場面で引けないことが多かったので《ルシフェル》《海剣竜》は2枚採用してもよかったと思います。プレイに関してエルフは結局自分で正解がわからないのでフィーリングで使用していましたがここももう少し詰めることができたらよかったなと思いました。ドラゴンのプレイングに関しては完璧だったと自負しています。

 

今後の目標を教えてください。

大会を意識すると2リーダーを極めなければいけないので、普段からドラゴンだけではなくエルフなどの練習も頑張ろうと思います。

 

最後に

最近ではロイヤル、ビショップ、エルフの使用での優勝が目立っていましたが、ドラゴンデッキでの優勝によりまたわからなくなってきました。RAGE予選大会でもフェイスドラゴンを使用して勝ち上がっているので、これからのデッキ選択としてドラゴンも候補に挙がってくるのではないでしょうか?

CottonCandy選手ありがとうございました!

タグ: OPEN トップニュース interview


  ■コミュニティ

 ・League of Legends

 ・StarCraft2

 ・Hearthstone

© JCG All Rights Reserved. © Cygames, Inc.