Open 3rd Season vol.15 2Pick大会 優勝者 Johnny@TRG選手 インタビュー

2019.07.31

8月26日に行われたJCG Open 3rd Season vol.15 2Pick大会。
本大会で見事勝利したのはJohnny@TRG選手でした。おめでとうございます!

決勝戦で使用したデッキ

 

2コストのカードが多く安定しています。《卵の大爆発》のように全体除去のカードもあるため相手が複数フォロワーを展開してきても対応することができます。また、単体のフォロワーに対しても《アックスデストロイヤー》の効果によって対処することが可能です。対応力の高いデッキとなっています。

 

プロフィール

所属チームTRGについて教えてください。

1月から所属させていただいたチームで、RAGEファイナリスト・JCG優勝まで育ててくれた非常に温かみがあり、最強のチームです。

カードゲーム歴

カードゲーム歴は幼いころ(小学2年生〜中学2年生)にデュエルマスターズや遊戯王などの紙媒体でのカードゲームを嗜んでいました。高校生になってからは勉強が忙しく、カードゲームはめっきりやらなくなりましたが、大学に入って友達に進められたハースストーンというデジタルTCGを遊んでいました。

 

Johnny@TRG匠選手へのインタビュー

2Pickの試合においてのクラスの選択基準を教えてください。

普段はヴァンパイアを優先して選択していますが、今回8回中1回しか選択肢に出現しなかったので、ビショップやロイヤルを優先して選択しました。ビショップを優先して選んだ理由は、レジェンドやゴールドのカードの強さは幅があるものの、シルバー、ブロンズのカードがとても安定したカードばかりで、リソースも切れづらいためです。2Pickでは後半になるにつれて先攻の方が息切れしやすくなるので、先攻になっても勝てるようにビショップを選びました。ロイヤルを優先して選択した理由は、低コストフォロワーを取りやすく、序盤に動けなくなることが少ないからです。JCGのような大会では、長期戦になるため、2ターン目に動けないことが稀にあります。そのまま負けてしまうと悔いが残るので、常に70点以上の動きをし続けるためにロイヤルを選択しました。選ばなかったクラスはエルフとウィッチです。エルフとウィッチは個人的にはとても強いクラスだと思っていますが、他のクラスの方が安定感があり、考えることが少ないからです。大会を通してネクロ万サーをピックする人と多く当たったので、構築戦だけでなくピックでも強くなったのかなと思います。私はネクロマンサーに関しては、ネクロマンスの計算をはじめとして、いろいろなことに頭を使ってしまうので、1度しかピックしませんでした。

 

印象に残った場面を教えてください。

後攻で相手より先に進化権がなくなったことで返す手がなく、回復や守護で耐えるしかない場面で、《ダークジャンヌ》《エフェメラ》を合わせて勝利することができたのはとても印象的で、神が微笑んだと感じました。

 

反省点がありましたら教えてください。

Pick面は特にございません。全て自信があり、納得のいくピックができました。いままでの集大成を全てぶつけることができました。プレイ面についても思い返す限りございません。持ち時間をすべて使い最善だと思う手を打ち、裏目を引くことはありませんでした。

 

大会に向けての調整は何をしていましたか?また1日のプレイ時間はどのくらいですか?

どのクラスを選んでも勝てるようにと考えていたため、全てのクラスで5勝できるように練習しました。また、RAGEに向けて構築戦で様々なデッキの調整を行っていたこともあり、全てのクラスに抵抗がなくなり、使いこなせるようになったり、各クラスの性質を完璧に理解できていたところが自信につながりました。1日のプレイ時間は平均3時間です。ランクマッチとアリーナの割合は5分5分です。

 

今後の目標を教えてください。

今後の目標はRAGEでvol.4では叶わなかった優勝を目指し、Shadowverseの頂点に立ちたいと思っています。もともと2PickerとしてShadowverseを長く続けてきて、真面目にコツコツと研究をした成果がついに実り大満足です!!応援してくださった皆様ありがとうございました!!

 

最後に

2Pickメインで活動している人を2Pickerと呼ぶそうです。今後2Pickだけではなく、RAGEでも再び活躍する姿が見られることに期待です!

 

Johnny@TRG選手、ありがとうございました!

※大会開催当時のインタビューであり、現在はカード能力が変更されていることがあります。

タグ: OPEN interview