JCG Shadowverse Open 3rd Season Vol.53 結果速報

2017.10.28

決勝トーナメント結果

A大会(通常)

予選トーナメントから各グループの優勝者がマッチアップされました。

見事に勝ち抜いたのは……

 

草 選手でした! おめでとうございます! 

草 選手が使用したデッキはこちらからご覧いただけます。

 

B大会(2pick)

予選トーナメントから各グループの優勝者がマッチアップされました。

見事に勝ち抜いたのは……

 

つぁん 選手でした! おめでとうございます!  

本日の2Pick大会ではヴァンパイアを選択して勝ち上がる人が非常に多く、優勝のつぁん選手も決勝ではヴァンパイアを ピックしていました。2Pickにおいて勝ちやすいとされるクラスはプレイヤーによって様々な意見が分かれていると思いますが、普段ヴァンパイアを使わない方は、この結果を参考にヴァンパイアのピックを試してみてはいかがでしょうか?
 

A大会予選ブロックと決勝トーナメントのクラス使用率 

画像をクリックすると拡大表示できます。

予選 決勝

 


ドラゴン・ロイヤルが環境の中心として長らく君臨し、JCG大会での使用率も高い状況が続いています。
そんななか、決勝トーナメント最終試合は、ドラゴン・エルフのミラー対決となりました。

エルフは決勝進出の両選手ともニュートラルエルフと呼ばれる型で、守護を持つフォロワーが多く、《エルフの双撃》などのスペルで序盤の体力へのダメージを防ぎながら盤面をとっていく守備的なデッキとなっています。

また、優勝した選手の使用したドラゴンには《プリズンドラゴン》が3枚採用されており、やはり守護を持つフォロワーが環境にマッチしていると予想できます。さらに、選手のドラゴンは軽めのフォロワーを多めに採用し、《竜の闘気》の採用を見送りながらも、《竜の託宣》は3枚採用しており、テンポとPP加速の両面を意識していると言えるデッキで、非常に印象的でした。

今後も、RAGE Shadowverse World Grand Prix JCG予選 開催記念大会など、様々な大会が控えていますので、これらの結果を参考にしながら、是非参加してみてください。

予選ブロック結果

予選トーナメントは1グループ16名、16グループ構成で行われました。
各グループのトップのプレイヤーが決勝トーナメントに進出となります。

画像をクリックすると拡大表示できます。 

A大会(通常) B大会(2pick) 

 


2Pick各大会の入賞者の皆様には後日、賞金についてのメールを送信しております。

まだ内容をご確認頂いていない方は、メール受信箱と迷惑メールBOXのご確認をお願いします。
既にご記入いただいている方については、JCG運営からの連絡をお待ち下さい。まだ返信が来ないという方は別途お問い合わせにてご連絡お願いします。

今後もJCG Shadowverse Openを宜しくお願い致します。

タグ: OPEN トップニュース


  ■コミュニティ

 ・League of Legends

 ・StarCraft2

 ・Hearthstone

© JCG All Rights Reserved. © Cygames, Inc.