JCG Shadowverse Open 3rd Season Vol.24 結果速報

2017.09.10

決勝トーナメント結果

A大会(2pick)

予選トーナメントから各グループの優勝者がマッチアップされました。

見事に勝ち抜いたのは……

 

しみず@ZesT選手でした! おめでとうございます! 

B大会(通常)

予選トーナメントから各グループの優勝者がマッチアップされました。

見事に勝ち抜いたのは……

 

Tomkin選手でした! おめでとうございます! 

Tomkin選手が使用したデッキはこちらからご覧いただけます。


ネクロマンサーの使用率は未だに高いものの、エルフとヴァンパイアを除いた全てのクラスの使用率が高まりつつあります。ヴァンパイアは以前に比べて、大分数を減らしているようです。やはり根幹をなすカードの大部分に調整が入ってしまったことが手痛いのでしょう。とはいえ、まだまだ存在を無視できるほどになったわけではありません。
最近は、プレイヤーの好みによって使用クラスが異なり、全てのクラスが存在し得る環境になっています。しかしデッキタイプで見るとミッドレンジ~コントロールのデッキが主に結果を残しているようです。コントロールで組んだ際に強力なドラゴンやビショップ、ウィッチの人気は高く、ヴァンパイアもまずまずの成績を残していて、全体的に遅めの環境となったと言えるでしょう。
一方で本来強力なコントロール性能を持っていたはずのエルフが活躍できていないのは少し不思議に思うかもしれませんが、これは盤面に対する干渉手段に乏しいことが1番大きな要因となっていると推測されます。《マヘス》《森の意志》では力不足が否めず、最強のバウンスカードであった《根源への回帰》は間に合わない上に、根本的な原因の解決ができないというのが厳しいですね。それに比べると前述した3クラスは強力な全体除去カードを持っており、そういった点がクラスの使用率に表れているのかも知れません。


 

B大会予選ブロックと決勝トーナメントのクラス使用率 

画像をクリックすると拡大表示できます。

予選 決勝

予選ブロック結果

予選トーナメントは1グループ16名、16グループ構成で行われました。
各グループのトップのプレイヤーが決勝トーナメントに進出となります。

画像をクリックすると拡大表示できます。 

A大会(2Pick) B大会(通常)

 


2Pick各大会の入賞者の皆様には後日、賞金についてのメールを送信しております。

まだ内容をご確認頂いていない方は、メール受信箱と迷惑メールBOXのご確認をお願いします。
既にご記入いただいている方については、JCG運営からの連絡をお待ち下さい。まだ返信が来ないという方は別途お問い合わせにてご連絡お願いします。

今後もJCG Shadowverse Openを宜しくお願い致します。

タグ: OPEN トップニュース


  ■コミュニティ

 ・League of Legends

 ・StarCraft2

 ・Hearthstone

© JCG All Rights Reserved. © Cygames, Inc.