JCG Shadowverse Open 3rd Season Vol.10 結果速報

2017.08.18

予選ブロック結果

予選トーナメントは1グループ16名、16グループ構成で行われました。
各グループのトップのプレイヤーが決勝トーナメントに進出となります。

画像をクリックすると拡大表示できます。 

A大会(通常)

 

 

A大会予選ブロックのクラス使用率 

画像をクリックすると拡大表示できます。

 

   


決勝トーナメント結果

A大会(通常)

予選トーナメントから各グループの優勝者がマッチアップされました。

見事に勝ち抜いたのは……

 

めろぱん選手でした! おめでとうございます! 

めろぱん選手が使用したデッキはこちらからご覧いただけます。

リーダーのアイコンをクリックするとポータルサイトへ移動します。
また、決勝トーナメントでのクラス使用率は、以下の通りとなりました。


明日はとうとうRAGEオフライン予選東京大会です!

その前日となる今日のJCG Openでは、RAGEの前哨戦ということで、明日に備えたデッキを調整していたプレイヤーもいたのではないでしょうか?
RAGEのデッキ登録は本日23:59までなので、JCG Openの登録デッキ一覧を確認してから細部を調整をするほどの時間はありませんが、直近のデータとしては非常に役に立つものかと思います。

最近の一番人気はネクロマンサーです。ランクマッチの統計を見ても、JCG大会のデータを見ても、その人気は不動のものなっています。現在使用されているネクロマンサーの多くはミッドレンジネクロマンサーです。もちろん、細部はプレイヤーの好みによって調整は加えられていますが、これをどのように対策していくかが今環境の大きな課題になります。
次に人気のクラスはヴァンパイアとウィッチです。バランス調整の影響を受けたはずのヴァンパイアは依然として強力なクラスであることは間違いなく、恐らくネクロマンサーの次に遭遇する確率が高いのではないでしょうか。ヴァンパイアで使用されているデッキタイプは大きく分けて2種類で、復讐ヴァンパイアとアグロヴァンパイアが存在します。未だにどちらのデッキタイプが優れているかの結論は出ていないようですが、こちらも要注意ですね。
一方ウィッチには様々なデッキタイプが存在しており、その対策が難しくなっています。大きく分けると超越、土、ニュートラルと3種類ほどのデッキが存在し、それぞれ特徴的なデッキです。デッキ公開制で行われる大会においては、そのデッキタイプを事前に把握することが可能ですが、各デッキタイプにおいて採用されているカードは変化しますので、的確なプレイをして対処をしていかなければならないのが難しいところですね。

先日行われたRAGEオフライン予選大阪大会で本戦進出を決めた3名のプレイヤーは、ドラゴン、ネクロマンサー、ウィッチ、ヴァンパイアのクラスを選択していました。一体どのクラスがRAGEオフライン予選東京大会において本戦進出の栄誉を勝ち取るのか、要注目です!
 

2Pick各大会の入賞者の皆様には後日、賞金についてのメールを送信しております。

まだ内容をご確認頂いていない方は、メール受信箱と迷惑メールBOXのご確認をお願いします。
既にご記入いただいている方については、JCG運営からの連絡をお待ち下さい。まだ返信が来ないという方は別途お問い合わせにてご連絡お願いします。

今後もJCG Shadowverse Openを宜しくお願い致します。

タグ: OPEN トップニュース


  ■コミュニティ

 ・League of Legends

 ・StarCraft2

 ・Hearthstone

Copyright 2016 JCG All Rights Reserved.