Open 2nd Season vol.45 通常大会 優勝者 AiS|Blurry.選手 デッキ解説&インタビュー

2017.09.09

6月21日に行われたJCG Open 2nd Season vol.45 通常大会。
本大会で見事勝利したのはAiS|Blurry.選手でした。おめでとうございます!AiS|Blurry.選手が使用した2つのデッキは「ミッドレンジネクロ」と「ランプドラゴン」でした。

デッキ1 ミッドレンジネクロ

序盤は積極的にフォロワーでダメージを稼ぎ、中盤以降はスペルを駆使して相手にダメージを叩き込みます。特に《ケルベロス》《ファントムハウル》の組み合わせは、早ければ6ターン目に10点を超えるダメージを与えることができ、このデッキの代表的な勝ち手段となっています。相手がこちらのフォロワーを倒さなければいけないという状況を逆手に取る《シャドウリーパー》の採用がよく見られます。バランス調整により《骨の貴公子》のコストが上がったため、以前の3枚採用から枚数を減らす姿も見られます。また神々の騒嵐で登場したネクロマンサーの《魔将軍・ヘクター》は出すことで勝負を決める程の力があるカードでほとんどのデッキに採用されています

 

デッキ2 ランプドラゴン

相手よりも早く高コストのフォロワーを出して勝利を狙っていくデッキです。PPを加速させながら相手よりも優位な状態で戦うことができるのが特徴で、全体除去カードを多く採用することで不利な盤面をリセットし続けることができます。《水竜神の巫女》など、神々の騒嵐で登場したカードには回復効果を持つものも多く存在し、以前のランプドラゴンよりも自身の体力を高い状態に維持しやすくなりました。また、このデッキには長期戦を見据えた《連なる咆哮》の採用が見えます。

 

プロフィール

カードゲーム歴

Shadowverseが初めてです。

所属チームAiSについて教えてください。

AiSはAccess in Solutionの略称です。AiSは絶対神めーやさんにより作られたチームです。MasterPointランキング常連チームとして認知されてると思いますが、より高みを目指して最近はJCGなどにも力を入れています。(RAGE Vol.5 オフライン予選東京大会を持って解散。)

 

AiS|Blurry.選手へのインタビュー

今大会で使用したデッキの選択理由、キーカードなどを教えてください。

ネクロマンサーはRAGE Vol.4ファイナリストのミルさんが使用していたレシピをお借りしました。《ミニゴブリンメイジ》を採用することにより《シャドウリーパー》が引きやすくなり、《シャドウリーパー》が引けなくても他のカードを手札に増やすことができるので2枚採用しました。そして《ソウルコンバージョン》《骨の貴公子》と組み合わせてプレイのできる《スケルトンファイター》も2枚採用しています。

ファンファーレ 自分のフォロワーすべては「ラストワード 《スケルトン》1体を出す」を持つ。

ドラゴンはミラー戦での大型フォロワーや《連なる咆哮》、ビショップの《力比べ》を除去するために《ライトニングブラスト》を2枚採用しています。

相手のフォロワー1体か相手のアミュレット1つを消滅させる。

そして《天弓の天使・リリエル》《サラマンダーブレス》《ブレイジングブレス》といった除去スペルの役割をしてもらう為に1枚だけ採用しました。グループ予選ではサハクィエル型のドラゴンを使用していましたが、決勝トーナメントではドラゴンのミラー戦と対ビショップ戦を重視し、サハクィエル型ではなく連なる咆哮型にしました。ネクロマンサーは盤面を保ちながら、6ターン目の《死の祝福》や7ターン目の《魔将軍・ヘクター》に繋げられるように墓場の管理を意識してプレイしていました。ランプドラゴンはPP加速が最も重要なデッキなので《竜の託宣》《竜の闘気》を手札に引き込み早い段階で《連なる咆哮》《バハムート》に繋げられるようにプレイしていました。

自分のターン開始時、《突風のドラゴン》1体を出す。

そしてミラー戦では《ライトニングブラスト》《大鎌の竜騎》を使うタイミングが重要だと思ったのでむやみにプレイせず、温存することもありました。

 

大会で印象に残った場面を教えてください。

準決勝で3ターン目《ボーンキマイラ》を出したところから4ターン目に《シャドウリーパー》2体を展開できた時は勝ちを確信しました。

 

大会での反省点を教えてください。

大会での反省点は決勝3戦目の試合で5ターン目に《ケルベロス》をプレイし、6ターン目に《ミニゴブリンメイジ》から《シャドウリーパー》を引きプレイした所まではよかったのですが相手の盤面にいる4/2のフォロワーを《ミミ》で処理しようとしたところ、手が滑ってしまい隣の《スケルトンファイター》をプレイするというありえないミスをしてしまいました。トップで《魔将軍・ヘクター》を引き解決しました。(笑) 構築ではかなり強いと思っているデッキだったので反省点はありません。

 

大会に向けてどのような調整をしましたか?また、1日のプレイ時間はどのくらいでしょうか?

調整はしておらず当日枠が通ったので直前にデッキを決めました!1日のプレイ時間は3時間くらいです。

 

今後の目標を教えてください。

今後はオフラインの大型大会でも結果を残したいと思います!

 

最後に

高校生選手権もあり、盛り上がっているオフライン大会!大型のものだけではなく店舗ごとのES大会などもあるので腕試しに出てみるといいかもしれません!JCGとはまた違った気持ちで大会に臨めると思います。

 

Ais|Blurry.選手、ありがとうございました!

※6/21当時のインタビューであり、現在はカード能力が変更されていることがあります。

 

タグ: OPEN interview


  ■コミュニティ

 ・League of Legends

 ・StarCraft2

 ・Hearthstone

© JCG All Rights Reserved. © Cygames, Inc.