Open 2nd Season vol.44 通常大会 優勝者 Qwert/リッチュア選手 デッキ解説&インタビュー

2017.09.09

6月18日に行われたJCG Open 2nd Season vol.44 通常大会B。
本大会で見事勝利したのはQwert/リッチュア選手でした。おめでとうございます!Qwert/リッチュア選手が使用した2つのデッキは「ランプドラゴン」と「ミッドレンジネクロ」でした。

デッキ1 ランプドラゴン

相手よりも早く高コストのフォロワーを出して勝利を狙っていくデッキです。PPを加速させながら相手よりも優位な状態で戦うことができるのが特徴で、全体除去カードを多く採用することで不利な盤面をリセットし続けることができます。《イスラーフィール》の登場により現環境に多い、横にフォロワーを並べるデッキに対しても対処しやすくなりました。《水竜神の巫女》など、神々の騒嵐で登場したカードには回復効果を持つものも多く存在し、以前のランプドラゴンよりも自身の体力を高い状態に維持しやすくなりました。また、このデッキには長期戦を見据えた《連なる咆哮》の採用が見えます。

 

デッキ2 ミッドレンジネクロ

序盤は積極的にフォロワーでダメージを稼ぎ、中盤以降はスペルを駆使して相手にダメージを叩き込みます。特に《ケルベロス》《ファントムハウル》の組み合わせは、早ければ6ターン目に10点を超えるダメージを与えることができ、このデッキの代表的な勝ち手段となっています。相手がこちらのフォロワーを倒さなければいけないという状況を逆手に取る《シャドウリーパー》の採用がよく見られます。バランス調整により《骨の貴公子》のコストが上がったため、以前の3枚採用から枚数を減らす姿も見られます。また神々の騒嵐で登場したネクロマンサーの《魔将軍・ヘクター》は出すことで勝負を決める程の力があるカードでほとんどのデッキに採用されています。

 

プロフィール

カードゲーム歴

遊戯王やデュエルマスターズを2年ほどプレイしていました。Shadowverseでは、MasterPointランキング8th8位、9th7位、10th46位、11th46位です。

所属チームQwertについて教えてください。

チーム名の由来はキーボード配置の左上から順番にとりました。通話なども活発なとても楽しいチームです!現在メンバー募集をしています!

 

Qwert/リッチュア選手へのインタビュー

今大会で使用したデッキの選択理由、キーカードなどを教えてください。

ドラゴンとネクロマンサーは単純にデッキパワーが高いと思い選択しました。ドラゴンは環境に多いネクロマンサーやヴァンパイアを意識して《ユニコーンの踊り手・ユニコ》《イスラーフィール》などの体力を回復できるカードを採用しました。

ファンファーレ 自分のリーダーを4回復。攻撃時 相手のリーダーと相手のフォロワーすべてに2ダメージ。

また、コントロール系のデッキを意識して《連なる咆哮》を採用しました。ネクロマンサーはできるだけ前に寄せて相手の体力を早い段階で削りきれるような構築しました。ドローができる《スカルウィドウ》と攻撃力が高く《スケルトン》を生成できる《スケルトンナイト》がキーカードです!

ラストワード 《スケルトン》1体を出す。

 

大会で印象に残った場面を教えてください。

ヴァンパイアの猛攻を耐えて勝てたシーンが印象に残っています。

 

大会に向けてどのような調整をしましたか?また、1日のプレイ時間はどのくらいでしょうか?

これといった調整はしていませんが、ランクマッチを沢山プレイしていました。プレイ時間は4、5時間程度です。

 

今後の目標を教えてください。

目標はJCG2回目優勝!Master Pointランキングにランクイン!です。

西野七瀬最強!

 

最後に

MasterPointランキング常連ということでプレイ時間は裏切らないですね!日々の努力の成果だと思います。これからまた、大型大会などもありますので、今後の活躍にも注目です!

 

Qwert/リッチュア選手、ありがとうございました!

 

タグ: OPEN interview


  ■コミュニティ

 ・League of Legends

 ・StarCraft2

 ・Hearthstone

© JCG All Rights Reserved. © Cygames, Inc.