Open 2nd Season vol.44 2Pick大会 優勝者 izumi選手 インタビュー

2017.09.09

6月18日に行われたJCG Open 2nd Season vol.44 2Pick大会。
本大会で見事勝利したのはizumi選手でした。おめでとうございます! 

プロフィール

カードゲーム歴

大会に出るほど真剣に取り組んだカードゲームはShadowverseが初めてです。その他は、小学生の時に遊戯王をプレイしていた程度です。

所属チームBFFについて

JCG優勝者は、複数回勝ってる人もいれて今回で5人目。RAGE Vol.4でも2日目4-2の成績までいっている人が2人います。知名度では負けていますが、有名チームに負けないくらい強いチームだと思います!

izumi選手へのインタビュー

2Pickの試合においてのクラスの選択基準を教えてください。

2Pickは盤面の取り合いをするゲームなので盤面の取り合いで強い、《ウロボロス》をピックできるドラゴンを最優先で選択していました。次点でネクロマンサー、ロイヤル、ビショップです。ネクロマンサー、ロイヤルは1枚で相手のカード2枚分と交換できる優秀なカードが多いことが理由です。ビショップは《ヘヴンリーイージス》まで繋げることができれば負けることがほぼないため選択しました。

 

ピックで気を付けたことを教えてください。

最後にどうやって勝つかを常に意識しながらプレイしました。例えば決勝戦でいうと《ヘヴンリーイージス》2枚、《ダークエンジェル・オリヴィエ》《バハムート》という強いカードをピックできました。なので《ヘヴンリーイージス》で勝利するプランを最優先に動きました。

このフォロワーへのダメージは0になる。
このフォロワーは、他のカードの能力(攻撃力/体力への能力は除く)を受けない。
(例えば、「破壊する」能力や「消滅させる」能力を受けない)

最低限盤面を処理して自身が倒されないようにしつつ、《ヘヴンリーイージス》へとつなげるようにプレイしていました。進化権も先に相手に使い切らせたいので相手にこちらのフォロワーの処理を要求するような盤面を意識して作っていました。

 

印象に残った場面を教えてください。

予選決勝のこの場面です。

《癒しの奏者・アンリエット》1枚だけしか7コスト以上のフォロワーをピックできなかったのですが、奇跡的に10PP使えるようになったターンに《凍りづけの巨象》と一緒に手札に揃ったので一気に盤面を取って勝利することができました。

自分が元のコスト7以上のフォロワーをプレイしたとき、このアミュレットを破壊する。
ラストワード 《インペリアルマンモス》1体を出す。

 

大会に向けての調整は何をしていましたか?また1日のプレイ時間はどのくらいですか?

1日のプレイ時間は短い時は0で長い時は本当に1日中プレイしています。神々の嵐乱環境になってから2Pickで300勝くらいはしているのでその成果が出たのかな?と思います。

 

今後の目標を教えてください。

大型大会も控えているのでそれに向けて今度は構築戦の大会でも優勝できるように頑張ります!

 

最後に

300勝はかなりやりこんでいますね。毎日毎日安定して調整に時間を当てるのはやはり多くの人にとって難しいことです。ですが、休みの日にしっかりとプレイすることはできるのではないでしょうか。
努力は裏切らない!ということでアリーナなどもぜひプレイしてみてください!そしてぜひ大会にも参加してみてください!

 

izumi選手、ありがとうございました!

タグ: OPEN interview


  ■コミュニティ

 ・League of Legends

 ・StarCraft2

 ・Hearthstone

Copyright 2016 JCG All Rights Reserved.