Open 2nd Season vol.35 2Pick大会 優勝者 しーまん選手 インタビュー

2017.08.05

5月20日に行われたJCG Open 2nd Season vol.35 2Pick大会。
本大会で見事勝利したのは、しーまん選手でした。おめでとうございます!

プロフィール

カードゲーム歴

小学生のころから友人とカードゲームをプレイしていました。

所属チーム、グループについて教えてください。

所属チームはM9B9です。M9B9の名前の由来は、E-SHOさんの動画サイトの会員パスワードから名づけられました。前の週開催されたJCGの構築戦においても準優勝者を出していて、今勢いのあるチームです。また、対抗戦グループであるベネズエラにも所属しています。ベネズエラはメンバー同士とても仲の良いグループです。

 

しーまん選手へのインタビュー

2Pickの試合においてのクラスの選択基準を教えてください。

自分の中での優先順位は、ドラゴン>ネクロ>ロイヤル>ビショップ>ヴァンパイアです。エルフとウィッチは安定感が乏しく、ピックの難易度が高いと考えたため避けました。ドラゴンは《ウロボロス》という2Pickにおいて非常に優秀なカードがあることに加え、全体除去カードが多く、相手の対処札を使い切らせることができるため選択していました。

ファンファーレ 場が上限枚数になるまで「ネクロマンス 3;《ゾンビ》1体を出す」をくり返す。
その後、ターン終了まで、自分の他のフォロワーすべては+2/+0されて、突進 を持つ。

ネクロマンサーは盤面を一気に取り返すことができる《魔将軍・ヘクター》を筆頭に、《冥守の戦士・カムラ》などの盤面に対して強く干渉できるカードが多いため優先して選択しています。

守護 ラストワード 攻撃力最大の相手のフォロワー1体を破壊する
(攻撃力最大のフォロワーが複数いるなら、その中からランダムに1体)。
「そのフォロワーの攻撃力の値」と同じだけ自分のリーダーを回復する。

 

印象に残った場面を教えてください。

決勝トーナメントの準決勝と決勝でエルフ・ウィッチ・ヴァンパイアの3択からリーダー選択をしなければならなかったことが印象に残っています。

せめてロイヤルが選択肢に出てきて欲しかったです。

 

今日の大会の対戦を振り返っていかがでしたか?

ピックに関しては、単体で強いカードを優先的に選択しつつ、コストカーブが整ったデッキに仕上げることができました。プレイングに関しては、限られた勝ち筋をしっかりと拾うことができましたのでよかったです。

 

大会に向けての調整は何をしていましたか?また1日のプレイ時間はどのくらいですか?

2Pickに関してはやはり運が大事だと思ったので、お年寄りの人に席を譲るなどして徳を積みました。また、交通ルールをしっかりと守って徳を減らさないようにもしていました。以上のことから今回の大会に向けてしっかりと調整することができたと思います。1日数時間プレイしていますが、常にShadowverseのことを考えているので、実質24時間プレイしていると言っても過言ではありません。

 

今後の目標を教えてください。

JCG2回目の優勝や、大型大会での入賞を目標にこれからも頑張って行きたいと思います!

 

最後に

調整の仕方がとても面白いですが、それにプラスしてしっかりと調整をしていたのでしょう。2Pickにおいてクラス選択は大事な要素です。徳を積むだけではなく、各クラス扱えるように練習することが大切ですね。

しーまん選手、ありがとうございました!

タグ: OPEN interview


  ■コミュニティ

 ・League of Legends

 ・StarCraft2

 ・Hearthstone

Copyright 2016 JCG All Rights Reserved.