JCG Shadowverse Open 2nd Season Vol.34 結果速報

2017.05.14

予選ブロック結果

予選トーナメントは1グループ16名、16グループ構成で行われました。
各グループのトップのプレイヤーが決勝トーナメントに進出となります。

画像をクリックすると拡大表示できます。 

A大会(2pick) B大会(通常)

  

B大会予選ブロックのリーダー使用率 

画像をクリックすると拡大表示できます。

 



 


決勝トーナメント結果

A大会(2pick)結果


予選トーナメントから各グループの優勝者がマッチアップされました。

見事に勝ち抜いたのは……

 

H@ru選手でした! おめでとうございます!
 

 
 

B大会(通常)結果

予選トーナメントから各グループの優勝者がマッチアップされました。

見事に勝ち抜いたのは……

 

たかだ選手でした! おめでとうございます!


たかだ選手が使用したデッキはこちらからご覧いただけます。
リーダーのアイコンをクリックするとポータルサイトへ移動します。

また、決勝トーナメントでのリーダー使用率は、以下の通りとなりました。

 

   

 

 

本日はRage東京予選の最終日でしたね。レベルの高いゲームが繰り広げられ、皆様のシャドウバース熱も高まったのではないでしょうか。
そんな中開催されたJCG Shadowverse Open 2nd Season Vol.34、今回も沢山のご参加を頂きましてありがとうございます。

昨日は≪ネフティス≫を採用するネクロマンサーが見られるなど、少しずつ環境の推移を感じられました。

本日の決勝トーナメントでは≪ネフティス≫を採用しているネクロマンサーこそいなかったものの、≪冥守の戦士・カムラ≫≪デュエリスト・モルディカイ≫を採用したネクロマンサーが決勝トーナメントに駒を進めています。現在も変わらずフィニッシャーには≪魔将軍・ヘクター≫が据えられていますが、サブウェポンが少しずつ変遷しているように思えました。

RAGEの対戦配信でもエルフや≪死神の手帳≫搭載型のネフティスネクロマンサーデッキが活躍していました。ドラゴンやミッドレンジネクロマンサーが王座から陥落する日もそう遠くはないのかもしれませんね。

また、本日の決勝トーナメントには≪次元の超越≫型ウィッチが参戦、決勝トーナメント1回戦で惜しくも敗退しましたが、素晴らしい健闘を見せました。
≪フレイム・デストロイヤー≫を1枚も採用せず、≪刃の魔術師≫≪魔法剣≫、序盤の攻防にも対応できる≪サモンスノー≫が採用されています。
≪フレイム・デストロイヤー≫はフィニッシャーでありながら超越ウィッチにおける手札事故要因であったため、これを採用しないことで大幅に安定感が増しているように思えます。
まさに構築勝ちといってよいほどの完成度でした。そんなtalonflame選手の超越ウィッチのデッキはこちらです。

来週の日曜日はシャドウバース日韓対抗戦ですね。熱い戦いを期待しましょう!
もちろんJCGでも大会を開催致します。奮ってご参加ください!


2Pick各大会の入賞者の皆様には順次、賞金についてのメールを送信しております。

まだ内容をご確認頂いていない方は、メール受信箱と迷惑メールBOXのご確認をお願いします。
既にご記入いただいている方については、JCG運営からの連絡をお待ち下さい。まだ返信が来ないという方は別途お問い合わせにてご連絡お願いします。

今後もJCG Shadowverse Openを宜しくお願い致します。

タグ: OPEN トップニュース


  ■コミュニティ

 ・League of Legends

 ・StarCraft2

 ・Hearthstone

© JCG All Rights Reserved. © Cygames, Inc.