JCG Shadowverse Open 2nd Season Vol.33 結果速報

2017.05.13

予選ブロック結果

予選トーナメントは1グループ16名、16グループ構成で行われました。
各グループのトップのプレイヤーが決勝トーナメントに進出となります。

画像をクリックすると拡大表示できます。 

A大会(通常) B大会(2Pick)

  

A大会予選ブロックのリーダー使用率 

画像をクリックすると拡大表示できます。

 



 


決勝トーナメント結果

A大会結果


予選トーナメントから各グループの優勝者がマッチアップされました。

見事に勝ち抜いたのは……

 

ぶらん/Ss'G選手でした! おめでとうございます!

ぶらん/Ss'G選手が使用したデッキはこちらからご覧いただけます。
リーダーのアイコンをクリックするとポータルサイトへ移動します。

また、決勝トーナメントでのリーダー使用率は、以下の通りとなりました。

 

   

 
 

B大会(2Pick)結果

予選トーナメントから各グループの優勝者がマッチアップされました。

見事に勝ち抜いたのは……

 

かかを選手でした! おめでとうございます!

 

 

シャドバフェスも終わり、ゴールデンウィークが空け、ついに今日はRage東京予選です。
ネクロマンサーとドラゴンの使用率、勝率が高い状況は依然として変わりありませんが、デッキ内容にいくばくかの変化がみられるように感じます。

特にネフティスネクロマンサーを用いているプレイヤーが、以前より高い頻度で見られるようになりました。
ネフティスネクロマンサーというと『バハムート降臨』環境初期~中期にかけて活躍したデッキで、≪ネフティス≫を軸として、ネクロマンサーにある強力なラストワード効果を持ったカードたちを活用していくコンボデッキです。

現在一般的なのは、2・3・7・8コストのフォロワーを投入したデッキでしょうか。

この形の場合、7コストフォロワーは≪冥守の戦士・カムラ≫、8コストフォロワーは≪デュエリスト・モルディカイ≫だけとなり、≪ネフティス≫の効果が発動した際にサーチ先が確定します。

≪冥守の戦士・カムラ≫は処理が困難なドラゴンのフォロワーを問答無用で破壊出来ます。破壊したフォロワーの攻撃力分を回復する効果も、≪風読みの少年・ゼル≫の進化時効果を利用した大型フォロワーの疾走や、≪ウロボロス≫による無限バーンをケア出来ます。弱小フォロワーを横に並べてくる相手に対しては使い辛いものの、こと対ドラゴンに限っては最強のカードと言えるでしょう。

≪デュエリスト・モルディカイ≫は元祖・不死のフォロワーです。破壊された時に再生される効果を持っており、消滅以外では倒すことが出来ないという特徴を有しています。
現在のドラゴンには、≪ライトニングブラスト≫という相手を消滅させるスペルがありますが、必ずしも必要な時に手札に来るわけではないわけで、非常に対処が困難なフォロワーであることは間違いないでしょう。

これらのカードを駆使することにより、ランプドラゴンに対して比較的高い勝率を有しているのが、現在のネフティスネクロマンサーです。
また統計を見る限り、ミッドレンジネクロマンサー相手にも五分で渡り合えるようです。

このネフティスネクロマンサーは本日のJCG SV決勝トーナメントにも持ち込まれているので、今後の台風の目となるかもしれません!


2Pick各大会の入賞者の皆様には順次、賞金についてのメールを送信しております。

まだ内容をご確認頂いていない方は、メール受信箱と迷惑メールBOXのご確認をお願いします。
既にご記入いただいている方については、JCG運営からの連絡をお待ち下さい。まだ返信が来ないという方は別途お問い合わせにてご連絡お願いします。

今後もJCG Shadowverse Openを宜しくお願い致します。

タグ: OPEN トップニュース


  ■コミュニティ

 ・League of Legends

 ・StarCraft2

 ・Hearthstone

© JCG All Rights Reserved. © Cygames, Inc.