JCG Shadowverse Open 2nd Season Vol.30 結果速報

2017.05.05

予選ブロック結果

予選トーナメントは1グループ16名、16グループ構成で行われました。
各グループのトップのプレイヤーが決勝トーナメントに進出となります。

画像をクリックすると拡大表示できます。 

A大会(2pick) B大会(通常)

  

A大会グループ予選のリーダー使用率は、以下の通りとなりました。

 

決勝トーナメント結果

A大会(2pick)結果

予選トーナメントから各グループの優勝者がマッチアップされました。
見事に勝ち抜いたのは……


Acarina選手でした! おめでとうございます!

 

 B大会(通常)

予選トーナメントから各グループの優勝者がマッチアップされました。

見事に勝ち抜いたのは……

らう/DoS 選手でした! おめでとうございます!

選手が使用したデッキはこちらからご覧いただけます。

リーダーのアイコンをクリックするとポータルサイトへ移動します。

また、決勝トーナメントでのリーダー使用率は、以下の通りとなりました。

JCGシャドウバース、ゴールデンウィーク連続大会三日目となります。

昨日はRageの大阪予選が行われ、本戦に向けた戦いが繰り広げられました。
ネクロマンサーとドラゴンの登場数が圧倒的だったのは皆様も予想できたことでしょう。


そんな環境の中、まずまずの健闘を見せていたのがビショップとエルフでしょうか。
ビショップは対ネクロマンサーを意識して採用した方が多いようで、ネクロマンサーが得意とする横並びに対処するために、≪テミスの審判≫≪エンシェント・レオスピリット≫≪ダークジャンヌ≫といったAoEを豊富に組み込んだデッキが多く見られたように感じます。

こうしたカードを投入すると対ドラゴンは少し厳しくなるのですが、ドラゴンが少し事故を起こせば、≪ヘヴンリー・イージス≫という強力なフィニッシャーで付け入ることも可能です。
 

一方のエルフは、≪リノセウス≫≪ジャングルの守護者≫を主軸にしたOTKエルフを用いて、対ドラゴンを念頭に据えている方が多いのかもしれません。

現環境のドラゴンには守護を持つフォロワーが≪ラハブ≫≪風の軍神・グリームニル≫だけ、ということがままあります。そうした守勢の薄さをつき≪リノセウス≫を走らせることで、エルフは勝ちを収めることが出来るというわけですね。

しかしながらこのエルフ対ドラゴンに関しては、論争があるようで、疾走ランプドラゴンに対しては厳しいとの指摘もあるようです。実際、統計を確認すると、ランプドラゴンに対しての勝率は52.5%ありますが、疾走ランプドラゴンに対しての勝率は27.9%と著しく低い成績になっています。


本日の決勝トーナメントにもエルフを持ち込んだ選手はいましたが、決勝戦に残ったのはネクロマンサー、ドラゴン、ビショップの3リーダーでした。

本日の優勝者である「らう/DoS」選手はビショップを採用していたので、エルフもビショップも研究が進めば、もう少し状況は変わるかもしれませんね。



2Pick各大会の入賞者の皆様には順次、賞金についてのメールを送信しております。

まだ内容をご確認頂いていない方は、メール受信箱と迷惑メールBOXのご確認をお願いします。
既にご記入いただいている方については、JCG運営からの連絡をお待ち下さい。まだ返信が来ないという方は別途お問い合わせにてご連絡お願いします。

今後もJCG Shadowverse Openを宜しくお願い致します。

タグ: OPEN トップニュース


  ■コミュニティ

 ・League of Legends

 ・StarCraft2

 ・Hearthstone

© JCG All Rights Reserved. © Cygames, Inc.