Open 2nd Season vol.3 A 優勝者 temmy選手 デッキ解説&インタビュー

2017.04.06

2月11日に行われたJCG Open 2nd Season vol.3 A。
本大会で見事勝利したのはtemmy選手でした。おめでとうございます!
temmy選手が使用した2つのデッキは「ラストワードネクロ」と「リノエルフ」でした。

 

デッキ1 ラストワードネクロ

 

ラストワードを持つフォロワーを中心に組まれたデッキです。またラストワードを持つフォロワーを有効活用するために、《ウルズ》《ネクロアサシン》といった能動的に自身のフォロワーを破壊しながら効果を及ぼすカードも多数採用されています。中でも、《デュエリスト・モルディカイ》《ウルズ》のコンボはとても強力で、相手に圧力を与えることが可能です。ラストワードに頼るだけではなく、ゲーム中盤から終盤にかけて、盤面を取っていくために《ケルベロス》《死の祝福》も採用されています。

 

デッキ2 リノエルフ

 

巨大化させた《リノセウス》を連打することで勝利を狙うデッキです。《ミニゴブリンメイジ》《歴戦の傭兵・フィーナ》《リノセウス》をかき集め、盤面にフォロワーが居ない状態からでも大ダメージを与えて勝利することができます。《リノセウス》を再利用するために《自然の導き》が採用されており、《エンシェントエルフ》と合わせて何度も《リノセウス》で攻撃できます。《森の意志》の採用により、早い展開をして体力を削ってくるデッキに対しても落ち着いて対処できる構成になっています。

 

カードゲーム歴など

カードゲームに関しては遊びで軽く触っていました。大会などに参加したりして真面目にやるのはShadowverseが初めてです。ShadowverseでMasterPointランキングに二度載ったことがあります。

 

Axisというアマチュアチームに所属しているようですが、チームについて詳しく教えてください。

Axisがまずどういうチームなのかというと、戦闘狂ばかりが集められた戦闘集団です。いつも戦いに飢えているので、他所のチームとの交流戦をたくさんしています。戦うことが大好きなので、交流戦のお誘いはたくさんお待ちしております。僕がJCGを優勝したのを機にAxisというチームを多くの人に知ってもらい、よりレベルの高い戦場で暴れ回れることを僕らは望んでいます。こんなチームですが、応援よろしくお願いします。

 

temmy選手へのインタビュー

今大会で使用したデッキの選択理由を教えてください。

ネクロに関しては今現在1番自信のあるレシピを持っていきました。ランクマッチの戦績20勝6敗と勝てているデッキなので選択しました。あと、ルナちゃんが可愛いのも採用理由の1つです(笑)。エルフに関してはオタクさんのOTK OTKという有名なデッキを使用しました。このデッキは多くの方が結果を残しているデッキなので信頼できると思いそのまま使いました。下手な調整を入れずに使うことで本来のデッキパワーが出るようにしました。なお、この2つのデッキのBO3における相性などはあまり考慮せず環境でも勝てると思うデッキを2つ持ってきました。

 

今回使用したネクロデッキの苦手なデッキ、得意なデッキについて教えてください。

今回使用したネクロで苦手なデッキは何種類かあります。まず1つは序盤1~4ターン目の動きの強いデッキです。ラストワード持ちのフォロワーが主体のデッキですので、それが発動するまでは弱いプレイになることが多く、そのまま倒されてしまうこともよくあります。こうしたデッキの代表はアグロヴァンパイアです。次に苦手なのはこちらの《デュエリスト・モルディカイ》がフィニッシャーとして機能しにくいコントロール系のデッキです。このデッキは、《オーディン》《変成の魔術》《漆黒の法典》などで《デュエリスト・モルディカイ》に対処されてしまうと攻めきれないことが多いです。こうしたデッキの代表としては、《サタン》《ダークエンジェル・オリヴィエ》を採用している土ウィッチ、各種ビショップなどがあげられます。他に苦手なのは特殊勝利を採用したデッキです。苦手なデッキはおおよそこの3パターンですが、プレイの噛み合わせによってはこれらのデッキに対しても勝てるのがこのデッキの強みでもあります。逆に得意なデッキとして、現環境で流行っているドロシーウィッチやリノエルフ(《白銀の矢》《根源への回帰》不採用の型)には強く戦うことができます。このデッキは4~6ターン目にラストワードやネクロマンスを使用した除去が豊富なので、そのターンにドロシーで取られた盤面は比較的返しやすいです。逆に序盤に展開されてしまうと間に合わず負けてしまうことが多いです。また、《死の祝福》《スパルトイソルジャー》などで中盤に守護を多く並べることが可能なため、エルフに対しても強く戦うことができます。あと、クラスの性質上、ドラゴンやロイヤルに対しても強いです。

 

それぞれのデッキのキーカードとプレイのポイントについて教えてください。

このデッキのキーは《ネフティス》を採用していないことです。それにより、《スカルビースト》《ケルベロス》など《ネフティス》と一緒に採用することのできないカードを採用することができます。

ファンファーレ 《ミミ》《ココ》1枚ずつを手札に加える。

これによって、7ターン目までの動きがネフティスネクロと比べてかなり強くなります。ネフティスネクロは8ターン目の強い動きが魅力ですが、8ターン目というのはかなり遅く、《ネフティス》の効果も運に左右されるため、こちらの構築の方が安定性があると考えました。プレイのポイントは、相手のデッキの性質を把握した上で、自分の手札を見ながら柔軟にプレイを変えていく点です。例えば、アグロ系のデッキ相手だと自分の体力をいかに守りながら盤面を処理していくかが大事ですし、自分の手札に《ファントムハウル》が手札にある場合は、それが相手の顔に与える打点を考えないといけません。ただ、《闇の従者》《ウルズ》や、《ケルベロス》《ファントムハウル》《デュエリスト・モルディカイ》進化などの強い動きを意識しながらプレイするといいと思います。

 

大会で印象に残っている場面を教えてください。

予選決勝、渡橋泰水さんのウィッチに1本取られたあとの2戦目。負ければ終わりの状況で1点で耐えたのはいいんですが、手札に守護のフォロワーがおらず絶体絶命。この時ははっきり負けたと思ってました。

その後、《よろめく不死者》《ソウルコンバージョン》を打っても守護持ちのフォロワーが引けず、引いてきた2枚の《ユニコーンの踊り手・ユニコ》でターンを終了。すると次のターン、相手は《翅の輝き》《翅の輝き》《ミニゴブリンメイジ》という動きでした。《ミニゴブリンメイジ》が相手のデッキのもう1枚上に来てるだけで僕は負けていました。さらに、このターンも守護が引けてないので、《腐の嵐》《スカルウィドウ》を出してターンを終わりましたが、相手の手札に《リノセウス》があるのが分かってるので、5点ぐらい簡単に出るだろうと思っていました。しかし、実際はそこで相手がリタイア。私の勝ちになりました。ここで、ポイントとなるのが1つ目の画像の場面で《よろめく不死者》《ソウルコンバージョン》を打った所です。ここのプレイは《スカルウィドウ》《ソウルコンバージョン》で1枚でも多くデッキを見て守護を出したかったのですが、結果奇跡的に4点回復できてそのおかげで勝てたので、これは奇跡的な勝ちだと思いました。

 

大会での反省点を教えてください。

決勝トーナメント1回戦の3本目、勝った方が2回戦進出。Nabeさんの超越ウィッチとの対決。本来苦手なデッキですが、序盤に《闇の従者》《ウルズ》のコンボを決めて5ターン目で《ケルベロス》も出すことができたので、上手くもつれたかという状況です。

実はこれ、《ミミ》《ココ》《腐の嵐》《ケルベロス》の攻撃で勝利する局面なのですが、この時、それが全然見えていませんでした。ずっと考えてからやっとそれが見えて実行に移したのですが、《ケルベロス》を進化させた所で相手のリーダーに攻撃する前に時間が切れてしまって、画面の前で地団駄を踏んで叫びました(笑)。結果は相手のNabeさんがリタイアを押していたみたいで僕の勝ちになりましたが、今大会一番の反省です。そんな感じでギリギリなところもありましたが、今回優勝できてとても嬉しいです。他にも反省点として、大会中緊張で考えが時間内に纏まらない場面が多々あって、推定ですがかなりの数のプレイミス…、煮詰めきれてないプレイをしたことです。難しい局面でしっかりと考えきるための思考力や経験値が不足しているということを実感したので、これからも精進していきたいと思います。

 

大会に向けてどのような調整を行いましたか?また、1日のプレイ時間はどのくらいでしょうか?

実は今週までテストだったんで、調整や練習の時間はほとんど取れてないです。ただ、ネフティス不採用のラストワードネクロは元々持っていて、それを今の環境に合わせて守護多めにしたらランクマッチで20勝6敗の戦績が出たので自信がありました。デッキに関しては時期が良かったおかげで、かなり自信のあるデッキ2つを持ってくることができましたが、練習不足の影響はプレイにしっかり現れていました(苦笑)。

 

今後、JCGで2Pickの大会も開催されますがそちらは参加したいと思いますか?普段2Pickはプレイされていますか?

2Pickに関しては去年の8月、9月…まだカードを全然持ってなかった頃にパックを引くために、集中的にプレイしていましたが、近頃は全然やってなくてチケットが溜まるばかりです。Twitterを眺めていても2Pickはどうも下火みたいで、攻略情報もあまり出回ってないようです。ですので、今回JCGで2Pickの大会が開催されることには少し期待しています。やはり、2Pickには構築戦では見られない面白さや技術がありますので、現状あまり話題に上がらないというのももったいないと思っていた所です。自分が出るかどうかというのはまだ分かりません。やはり構築戦とは随分違うので、また別で練習しないといけませんし、その時間がちゃんと取れるかどうかが問題ですが、都合がつけば1度は参加してみたいと思っています。

 

今後の目標を教えてください。

今後の目標は構築やプレイングを磨いてこういった大会でまた結果を残すことです。

 

最後に

ドロシーウィッチばかり使ってないでネクロを使って欲しいです。巨乳にたかってないで、ロリっ娘の魅力に気づいてください!

 

最後に 

キャラクター愛でデッキを持ち込んで見事勝利したtemmy選手!愛着のあるデッキでの勝利はとても気持ちのいいものだと思います。環境が進みつつある今、ドロシーウィッチが強いのは言うまでもありませんが、動きがわかってきたので対策もできるのではないでしょうか。テンプレと呼ばれるデッキだけを使うのではなく、ぜひお気に入りのキャラクターとともに優勝を目指してみてください!

 

 temmy選手、ありがとうございました!

 

 

 

タグ: OPEN interview


  ■コミュニティ

 ・League of Legends

 ・StarCraft2

 ・Hearthstone

Copyright 2016 JCG All Rights Reserved.