JCG Shadowverse Open vol.46 結果速報

2017.01.05

予選ブロック結果

予選トーナメントは1グループ16名、16グループ構成で行われました。
各グループのトップのプレイヤーが決勝トーナメントに進出となります。

画像をクリックすると拡大表示できます。 

A大会 B大会
   
   
   
   

  

予選ブロック全体のリーダー使用率 

画像をクリックすると拡大表示できます。

 A大会 B大会 
 
 


ついに2017年のJCG Shadowverse Openが始動しました!環境も一新されており、選手の方々も新鮮な気持ちで参加できたと思われます。

全体的にゲーム展開が長期化したと目されているようですが、その影響かウィッチの使用率が頭一つ抜けてきました。また、エルフ・ビショップ人気は相変わらずですが、使用率の落ちたロイヤルに代わりヴァンパイアの使用率が急増しているという点も見逃せません。

本日は5連続開催の初日となりますが、五日間の中でどのような動きが環境に見られるのか非常に楽しみです。



JCG OPENでは同日に2大会開催しているため、Discordサーバーが大会毎に異なります。
13時より開催が大会A、16時より開催が大会Bとなりますので、参加者の皆様は円滑な大会進行が行えるように正しいサーバーへの入室をご協力をお願いします。
 

JCG 大会A用サーバー JCG 大会B用サーバー


決勝トーナメント結果

A大会結果


予選トーナメントから各グループの優勝者がマッチアップされました。

見事に勝ち抜いたのは……

 

まれぽ選手でした! おめでとうございます!

まれぽ選手が使用したデッキはこちらからご覧いただけます。
リーダーのアイコンをクリックするとポータルサイトへ移動します。

また、決勝トーナメントでのリーダー使用率は、以下の通りとなりました。

 

   

A大会の決勝トーナメントでは、ドラゴン・ヴァンパイアの使用率がビショップを追い越しました。
有力とされているウィッチに対するメタなのか、それとも全体除去カードが増加した環境下では
カード一枚毎のパフォーマンスが高いこの2デッキが有望視されているからなのか、気になるところです。

ロイヤルは以前と比べて鳴りを潜めています。

ドラゴンといえば、今回優勝したまれぽ選手のデッキは非常に興味深い構成でした。
何が来るかわからないのが新環境の魅力ですね。
 


 

B大会結果

予選トーナメントから各グループの優勝者がマッチアップされました。

見事に勝ち抜いたのは……

 

マトモ選手でした! おめでとうございます!

マトモ
選手が使用したデッキはこちらからご覧いただけます。
リーダーのアイコンをクリックするとポータルサイトへ移動します。

 

また、決勝トーナメントでのリーダー使用率は、以下の通りとなりました。

 

    

 

 

大会B決勝トーナメントは、Aとはまた違った使用率になっています。
ウィッチ1位は変わらないものの、ヴァンパイアとビショップが存在感を示しているのが見てとれます。

目を引くのは、決勝トーナメントBでたった1人だけが採用しているネクロマンサー。
何を隠そうその使用者こそがB大会の優勝者であるマトモ選手なのです!話題のカードであるネフティスを起用したネクロマンサーでした。
もう一方のデッキはコントロールヴァンパイアでしたが、A大会を制したまれぽ選手と同じく、バハムート・オーディンを三枚積みとなっており、どちらも後半の爆発力に長けたデッキとなっています。

 

 

新年最初のシャドウバース大会、やはり使用デッキの分布に変動が見られました。
特に目立つのはウィッチの台頭、ロイヤルの減少とヴァンパイアの増加です。

環境が変わって間もないため、ポテンシャルを秘めているカードやデッキはたくさんあることでしょう。
まだ使用率の低いネクロマンサーも、B大会でネフティスを使って優勝した選手が出ています。その強さは未知数か!?
今回最も使用率が高かったウィッチは5日連続開催の中で大会上位にやはり食い込んでくるのでしょうか?

明日以降もどのような展開になるのか楽しみですね。

 

 最後になりましたが、あけましておめでとうございます。

今年もJCGのシャドウバース大会をよろしくお願いいたします!
 

タグ: Open トップニュース


  ■コミュニティ

 ・League of Legends

 ・StarCraft2

 ・Hearthstone

Copyright 2016 JCG All Rights Reserved.