Open vol.43 A 優勝者 yatsuhashi選手 デッキ解説&インタビュー

2017.01.16

12月26日に行われたJCG Open vol.43 A。
本大会で見事勝利したのはyatsuhashi選手でした。おめでとうございます!
yatsuhashi選手が使用した2つのデッキは「冥府エルフ」と「超越ウィッチ」でした。

 

デッキ1 冥府エルフ

 

《冥府への道》の発動による勝利を目指すデッキ。《冥府への道》の発動による勝利だけではなく、《リノセウス》を利用して早期に相手の体力を削りきるという勝ち筋も存在し、対戦相手のデッキに合わせて戦い方を変えることのできる柔軟性の高いデッキです。《冥府への道》の発動までの時間を稼ぐために相手の盤面を処理する《森の意志》や自分の体力を回復することのできる《フェアリービースト》が多く採用されています。

 

デッキ2 超越ウィッチ

 

切り札である《次元の超越》で勝負を決めることを目指すデッキです。《ベビーウィッチ・エミル》を採用することで序盤の盤面処理や中盤の手札調整、終盤のダメージ調整が可能になっています。《ウィンドブラスト》《炎の握撃》などを多数採用しており、相手のフォロワーを除去する手段が豊富です。そのため、《次元の超越》の発動までのターンを稼ぐことが容易になっています。

  

カードゲーム歴など

遊戯王、ヴァンガード、ウィクロスなどを過去にプレイしていたことがあります。

 

yatsuhashi選手へのインタビュー

今大会で使用したデッキの選択理由を教えてください。

超越ウィッチは普段からランクマッチで使用しており使い慣れたデッキなので最初に選択しました。冥府エルフは対応力が高く、超越ウィッチが苦手なアグロ系のデッキに対しても強いため、採用しました。
また、RAGEも同じ編成で出たのですが惜しいところで負けてしまったので、そのリベンジという意味もありました。

 

デッキ内容について詳しく教えてください。

超越ウィッチは11月にランクマッチ向けに調整したものをそのまま使用しました。相手の体力を削る速度と相手のフォロワーを除去することの両立を意識しています。2枚採用の《炎の握撃》はコストが下がる性質上、最大限のスペルブーストを行いながらこのデッキのコンセプトの1つである除去を行うことが可能です。

相手のフォロワー1体を破壊する。
スペルブースト コスト-1

《氷像の召喚》は主に対冥府エルフ戦での《リノセウス》を意識しての採用です。《マーリン》のサーチ先は10枚にしたいというこだわりと、対象を取らないと発動できない除去カードが多くなり超越ミラーに弱くなってしまうのを避けたいという理由から《ウィンドブラスト》は2枚にしました。《ウィンドブラスト》を減らしたので細かい除去をこなすことのできる《古き魔術師・レヴィ》は2枚採用しています。1枚で中盤の盤面を返せるこのカードも構築に合っていたと思います。

相手のフォロワー1体に1ダメージ 。
スペルブースト +1ダメージ


冥府エルフについては有名な方のコピーです。アグロ系のデッキに対して強い構築であり、無理のない範囲で多くのカードを引くカードを採用しているため、超越ウィッチに対しても速度負けしにくいです。超越ウィッチと組み合わせるには最高の構築だと思い、そのまま採用しました。

 

大会で印象に残っている場面を教えてください。

1戦目を取られてしまう試合が多く、その試合は全て緊張しました。最も印象に残っているのは予選準決勝の冥府エルフミラーです。お互い《新たなる運命》を引くことができずに10ターン経過したのち、相手より先に引けたので勝つことができました。

 

大会での反省点を教えてください。

構築面ではロイヤルに当たることが多かったのでロイヤルをもう少し意識して構築すればよかったかなとは思いました。ただ、今の構築でも特に問題はなかったと思います。プレイングについては細かいミスを挙げればキリがなく、それらは全て反省点です。特に先にドローするカードをプレイしないなどの初歩的なミスを何回か犯してしまったのは猛省しています。

 

大会に向けてどのような調整を行いましたか?また、1日のプレイ時間はどのくらいでしょうか?

12月前半は1日3時間ほどランクマッチをプレイしていて、なるべく多くのデッキを使うように心がけました。逆に12月後半はほとんど自分ではプレイせず、上手い人の配信を見たり、2Pickチケットで遊んだりしていました。

 

新カードが登場しますが、注目のカードを教えてください。

注目はやはり《次元の魔女・ドロシー》です。さまざまな可能性を秘めたカードだと思うので、ウィッチをまず考察したいです。他にはビショップの《神魔裁判所》、ドラゴンの《ワイバーンライダー・エイファ》に注目しています。

カウントダウン 3
ファンファーレ ランダムな相手のフォロワー1体を破壊する。
ラストワード ランダムな相手のフォロワー1体を破壊する

 

 今後の目標を教えてください。

JCGをはじめとした多くの大会で結果を残したいです。

最後に 

今回、超越ウィッチに関しては11月にランクマッチで調整したものということでデッキリストの完成度の高さがうかがえます。バハムート降臨のリリースによりここからどのように変化するのでしょうか?楽しみです。

 

 yatsuhashi選手、ありがとうございました!

 

 

 

タグ: OPEN トップニュース interview


  ■コミュニティ

 ・League of Legends

 ・StarCraft2

 ・Hearthstone

Copyright 2016 JCG All Rights Reserved.