Open vol.38 B 優勝者 すじこ選手 デッキ解説&インタビュー

2016.12.25

12月11日に行われたJCG Open vol.38 B。
本大会で見事勝利したのはすじこ選手でした。おめでとうございます!
すじこ選手が使用した2つのデッキは「ミッドレンジロイヤル」と「冥府エルフ」でした。

 

デッキ1 ミッドレンジロイヤル

 

持ち前の展開力を活かし、序盤から中盤にかけて相手を圧倒するデッキ。安定感があるため、ゲームリリース当初から形を変えながらも初心者から上級者まで愛用されている人気のデッキです。《フローラルフェンサー》《海底都市王・乙姫》によって多くのフォロワーを並べた後の《セージコマンダー》《風神》によるフォロワーの強化が強力です。

 

デッキ2 冥府エルフ

 

 《クリスタリアプリンセス・ティア》《翅の輝き》を採用した冥府エルフです。選択肢が多いため使用難易度はトップクラスですが、様々なデッキへの対応力を持つ優秀なデッキです。《冥府への道》の発動までの時間を稼ぐために相手の盤面を処理する《森の意志》や自分の体力を回復することのできる《フェアリービースト》が多く採用されています。

 

カードゲーム歴など

デュエルマスターズを10年ほどやっていました。Shadowverseでは近くの店舗の32人規模の大会で優勝したことがあります。

 

すじこ選手へのインタビュー

今大会で使用したデッキの選択理由を教えてください。

ミッドレンジロイヤルは《テミスの審判》や体力回復が多く採用されているエイラビショップが苦手な程度で、他のデッキに対しては基本的に《海底都市王・乙姫》《セージコマンダー》の組み合わせで勝つことができると考えて選択しました。冥府エルフは超越ウィッチが苦手ですが、絶対に勝てないというほどの相性差はなく、ミッドレンジロイヤルと同じように問題なく勝てる相手が多いと考えて採用しました。

 

ファンファーレ 自分の他のフォロワーすべてを+1/+1する

 

それぞれのデッキのキーカードやプレイのポイントを教えてください。

ミッドレンジロイヤルのキーカードは《風神》です。4枚目の《セージコマンダー》として採用しました。また、2コストのフォロワー枠はアグロ系のデッキを意識して《ユニコーンの踊り手・ユニコ》を採用しています。対ロイヤル戦では《海底都市王・乙姫》を出されたあとに《セージコマンダー》を出すのが1番理想的な動きなので、相手にその動きをさせないようにプレイしました。具体的には相手の《海底都市王・乙姫》が来る前に盤面をとり、相手のプレイした《海底都市王・乙姫》に合わせて《ロイヤルセイバー・オーレリア》を使うことで相手にとって有利なカード交換をさせないようにしました。

自分のターン開始時、自分のリーダーを2回復

冥府エルフは、フォロワーを展開してくるデッキに対して《森の意志》を3枚、早く体力を削ってくるデッキに対して《フェアリービースト》2枚を採用している形です。プレイ面では《リノセウス》をフォロワー処理に使って自分の体力を削らせないようにするのか、それとも相手の体力を削るために温存するのか、という選択について特に気を付けてプレイしていました。また《エンシェントエルフ》のステータスを進化を使わないと除去ができない値にすることを心掛けていました。

ランダムな相手のフォロワー1体に1ダメージ。これを「自分の他の手札の枚数」と同じだけ行う。

 

大会で印象に残っている場面を教えてください。

soomyaさんとのミッドレンジロイヤル対アグロドラゴン戦です。アグロドラゴンで採用されているフォロワーは攻撃に特化しているものばかりで、こちらが防御的な行動をしていては勝つことが難しいと考えました。そこで《海底都市王・乙姫》を出した後に攻撃対象がいない状況でしたが敢えてフォロワーを進化してターンを終えました。この時点で進化ポイントは2つ残っており、2ターン連続でこちらのフォロワーを進化させることで相手の体力にプレッシャーを掛け、相手からこちらのフォロワーを倒さなければならない状況を作るためです。結果、このプレイが幸いして相手に防御的な行動を強制させることができ、時間を稼いで対戦に勝つことができました。

 

ファンファーレ 乙姫お守り隊を場が上限枚数になるまで出す。

 

大会での反省点を教えてください。

最後の冥府エルフ対ミッドレンジロイヤルの戦いで《新たなる運命》を引けなくて負けそうになったので、初手の手札から《新たなる運命》を残すプランを試してみようと思います。プレイの面については終日、納得のいくプレイができました。しかし、デッキ構築の面では2つのデッキともにウィッチに対して少し弱いと感じたのでもう少し改良が必要だと思いました。

 

大会に向けてどのような調整を行いましたか?また、1日のプレイ時間はどのくらいですか?

調整はランクマッチで実際プレイしたり高ランク帯の人のランクマッチ配信を見ていました。プレイ時間は1日約3時間です。

 

今後の目標を教えてください。

前回のRAGEでは、1回戦で敗退してしまったので次のRAGEでは本戦進出が目標です!また、JCGやその他のオンライン大会にも出たいと思います。

 

最後に 

お手本となる人のプレイを見ながら練習するのは上達への近道ですね。Shadowverseの配信は常に様々な人が行っているのでぜひ自分に合った人の配信を見つけてみてください。

 

すじこ選手、ありがとうございました!

 

 

 

タグ: OPEN トップニュース interview


  ■コミュニティ

 ・League of Legends

 ・StarCraft2

 ・Hearthstone

© JCG All Rights Reserved. © Cygames, Inc.