Open vol.37 B 優勝者 yukin_msv選手 デッキ解説&インタビュー

2016.12.25

12月10日に行われたJCG Open vol.37 B。
本大会で見事勝利したのはyukin_msv選手でした。おめでとうございます!
yukin_msv選手が使用した2つのデッキは「冥府エルフ」と「超越ウィッチ」でした。

 

デッキ1 冥府エルフ

 

《クリスタリアプリンセス・ティア》《翅の輝き》を採用した冥府エルフです。《クリスタリアプリンセス・ティア》が入っていることにより疾走型のデッキやテンポ型のデッキなどに対して強くなり、《翅の輝き》があることで安定したドローができるようになりました。選択肢が多いため使用難易度はトップクラスですが、様々なデッキへの対応力を持つ優秀なデッキです。ロイヤルなどの横に展開するデッキが増えているため、《森の意志》を多めに採用しています。

デッキ2 超越ウィッチ

 

スペルを次々と発動し手札のカードのスペルブーストを進め、最終的に切り札である《次元の超越》で勝負を決めることを目指すデッキです。ダークネス・エボルヴ実装前とデッキの構成自体は大きく変わっていませんが、《古き魔術師・レヴィ》《ベビーウィッチ・エミル》が採用されるようになりました。このことによりダークネス・エボルヴ実装前よりも簡単に《次元の超越》を発動することができるターンまで耐えることができるようになりました。

 

カードゲーム歴など

カードゲーム歴は6年ほどです。主に遊戯王とヴァンガードをやっています。実績はショップ大会優勝程度です。

 

yukin_msv選手へのインタビュー

今大会で使用したデッキの選択理由を教えてください。

ランクマッチなどで使いなれている2つのデッキを選択しました。また、冥府エルフ、超越ウィッチはどちらも回ったとき強い力を発揮するのでどのデッキにでも勝てる可能性が高いと考えました。

 

それぞれのデッキのキーカードやプレイのポイントを教えてください。

冥府エルフは《メタルエルフメイジ》を採用しました。

ファンファーレ このターン中にカードを2枚以上プレイしていたなら、
相手のフォロワー1体に2ダメージ。

 

特に、今多く存在しているロイヤルやエルフに対してこのカードは単体除去として機能するので強いと思いました。それ以外にも2点ダメージを与えることにより処理の幅が広がると考えました。
超越ウィッチはJimejimeさんという方の構築がとても好きなので、ベースはその構築を使わせていただきました。ランクマッチで使用していて疾走ビショップ相手の対戦がかなり厳しいと感じたため、《氷像の召喚》を1枚採用しました。《氷像の召喚》は疾走フォロワーが出るアミュレットのカウントダウンが解ける時や対エルフで相手の《リノセウス》を使われると負けの場面で打ってダメージを軽減することを考えてプレイしました。

《フリーズゴーレム》1体を出す。

 

全体的にカードを引く効果を持つカードで特定のカードを狙って引きに行ったり相手が〇〇のカードは持ってないだろうという希望的観測はせずに最悪の場合を想定して堅実なプレイをすることを心がけていました。
 

 

大会で印象に残っている場面を教えてください。

超越ウィッチを使ってる時、エルフに盤面を取られて《エルフの少女・リザ》を出されてしまい、どう処理しようか悩んでいたらドローで《氷像の召喚》を引けたおかげで1ターン先延ばしにすることができ、次のターンに処理が追いついて逆転した対戦が嬉しくて印象に残っています。
もう1つ、これも超越ウィッチを使っている時なのですが、相手がビショップでエイラセラフビショップなのか疾走ビショップなのか、相手のデッキわかるまでひたすら待ちました。その結果、相手が《エクスキューション》を打ってきたので純エイラビショップだと判断しました。

相手のフォロワー1体か相手のアミュレット1つを破壊する。

 

もしエイラセラフか純セラフビショップだった場合、《冥府への道》を打っている余裕がなく《リノセウス》で勝ちに行くルートを選ぶのですが、《封じられし熾天使》がないなら8ターン目以降も試合が続く可能性が高く、もう1つの勝ちルートである《冥府への道》を切らないという選択をしました。その結果勝てたので印象に残りました。

 

大会での反省点を教えてください。

1番最初の試合で対ロイヤル、こちらがエルフを使ったのですが、計算を間違えてしまい1点足りなくて《リノセウス》で相手のフォロワーを処理できず負けてしまいました。自分の体力がかなり少なく、相手のフォロワーを処理できても勝てるかどうかはわかりませんでしたが、少なくとも計算ミスをして処理できない状態になっていなければその次のターンで負けることはなかったので反省しています。

 

大会に向けてどのような調整を行いましたか?また1日のプレイ時間を教えてください。

調整はランクマッチをしたり、チームのメンバーと話し合ったりしています。プレイ時間はその日によりますが少なくとも1日3時間以上は行っています。
チームは私がShadowverseを通じて仲良くなり一緒に活動していきたいと思ったメンバーだけを集めています。ランクはAからMasterの方もいて使用リーダー等もバラバラです。名前はMaster of Shadowverse Victoryの頭をとってmsvとしました。いずれ皆Masterになりその中でも勝ち抜いていきたい(優勝したい)という意味が込められています。

 

今後の目標を教えてください。

いろいろな大会で結果を残したいです!

 

一言

皆さんmsvを暖かく見守ってください!よろしくお願いします!

 

最後に 

チームmsv、インタビューをする中でもメンバー同士の仲の良さが伺えました。みんなで調整ができるというのはチームで活動する強みに思えます。今、様々なチームができているので自分にあったチームを探すのも優勝への近道かもしれません。
今回の超越ウィッチの参考となったJimejimeさん。冥府エルフのおすしさん、超越ウィッチのJimejimeさんというような感じでよく名前を聞きます。Jimejimeさんにもいつか優勝していただいてインタビューしてみたいですね!

 

yukin_msv選手、ありがとうございました!

  

タグ: OPEN トップニュース interview


  ■コミュニティ

 ・League of Legends

 ・StarCraft2

 ・Hearthstone

© JCG All Rights Reserved. © Cygames, Inc.