JCG Shadowverse Open vol.37 結果速報

2016.12.10

予選ブロック結果

予選トーナメントは1グループ16名、16グループ構成で行われました。
各グループのトップのプレイヤーが決勝トーナメントに進出となります。

画像をクリックすると拡大表示できます。 

A大会 B大会
   
   
   
   

  

予選ブロック全体のリーダー使用率 

画像をクリックすると拡大表示できます。

 A大会 B大会 
 
 

 

予選の使用リーダーの比率には特筆すべき点は無さそうです。
今回はA大会, B大会で比較しても目立った変化は無く、現在の安定した環境を象徴しているように感じます。 

決勝トーナメント結果

A大会結果


予選トーナメントから各グループの優勝者がマッチアップされました。

見事に勝ち抜いたのは……

 

Mer/SoV選手でした! おめでとうございます!

Mer/SoV選手が使用したデッキはこちらからご覧いただけます。
リーダーのアイコンをクリックするとポータルサイトへ移動します。

また、決勝トーナメントでのリーダー使用率は、以下の通りとなりました。

 

   

B大会結果

予選トーナメントから各グループの優勝者がマッチアップされました。

見事に勝ち抜いたのは……

 

yukin_msv選手でした! おめでとうございます!

yukin_msv選手が使用したデッキはこちらからご覧いただけます。
リーダーのアイコンをクリックするとポータルサイトへ移動します。

 

また、決勝トーナメントでのリーダー使用率は、以下の通りとなりました。

 

    

本日行われたVol.37では、顕著な偏りが見られました。

昼に行われた大会Aの決勝トーナメントでは、エルフの採用数が群を抜いています。
依然として人気の高いエルフは、冥府、テンポ、アグロ等と構築の幅が非常に広く、また序盤の動きからデッキ種別を見極めることが容易ではないという特徴があります。デッキパワー自体が高い上、情報アドバンテージも稼げるとあっては、必然的に採用数も増えるのでしょう。

夜に行われた大会Bの決勝トーナメントでは、エルフではなくロイヤルの採用数が非常に多いです。
スタンダード環境においても強力だったロイヤルですが、そのパワーはダークネス・エボルブ環境でも健在です。
一時期大流行した御旗ロイヤルはその姿を減らしつつありますが、Rageで大活躍を見せたミッドレンジロイヤルが、ランク戦、トーナメントシーンを問わず、数を増しています。
バハムート降臨で登場する新しいレジェンドも、既に公表されたカードの中では頭一つ抜けているように思えますから、しばらくはこのリーダーと上手く付き合い続ける必要があるでしょう。

一方でダークネス・エボルブ環境の当初より人気を誇ったビショップが、数を減らしているようです。
その一助を担っているのは、ロイヤルの流行に他なりません。
統計上、ロイヤルを相手に不利を背負うビショップは採用し辛い、という事情があるのでしょう。 

次回のJCG Shadowverse Openではどのような分布になるのか、今後も目が離せません!

タグ: OPEN トップニュース


  ■コミュニティ

 ・League of Legends

 ・StarCraft2

 ・Hearthstone

Copyright 2016 JCG All Rights Reserved.