JCG Shadowverse 鋼鉄の反逆者 ミリオンカップ Vol.1 ゼオン選手 インタビュー

2019.06.04

javascript:void(null);

5/22~5/26に行われた JCG Shadowverse 鋼鉄の反逆者 ミリオンカップ Vol.1 ローテーション大会。本大会で優勝したのはゼオン選手でした。おめでとうございます!

JCG歴

・優勝時の出場回数 16回

・決勝トーナメント進出回数 1回

 

デッキの特徴、GRAND FINALS使用デッキ採用理由

GRAND FINALS使用デッキ アーカスネクロマンサー

 

GRAND FINALS使用デッキ 聖獅子ビショップ

アーカスネクロマンサーは身内との調整で全デッキ相手に有利が付くことから早々に決まりました。2つ目のデッキは、登録登録30分前まで「ロイヤル」、「機械ヴァンパイア」、「聖獅子ビショップ」、「ウィッチ」の4つで悩んでました。
おそらく最も強いのはロイヤルですが、自分がロイヤル使うことが非常に苦手であることから最初に除外しました。機械ヴァンパイアはアーカスネクロマンサーとロイヤルが苦手ですが、他のデッキには相性がいいので予選では選択していましたが、決勝に進んだ選手の名前を確認したところ、よく名前を聞くアマチュアチームに入っている人が多く見られました。これらのチームの人はアーカスネクロマンサーやロイヤルを選択することが予想されたため、それらを苦手とする機械ヴァンパイアはこの時点で選択肢から外されました。ウィッチもほとんど同様の理由で不採用となりました。…とこのように消去法のような形で聖獅子ビショップを選択することになりましたが、プレーオフで多いことが予想されるアーカスネクロマンサーやロイヤルとのデッキ相性の観点からも自分のベストデッキだと思い採用に至りました。
準決勝で苦手な機械ヴァンパイア、機械ネクロマンサーの組み合わせに当たった時は頭を抱えましたが、なんとか抜けることができてよかったです。

 

今回のミリオンカップと今後について

優勝は嬉しかったですが、配信中過去の自分の不適切な発言を晒されて方々から叩かれ、正直なところかなり精神的につらいものがありました。すべて自分の不徳のいたすところであり、過去の発言については不適切であったことを認めるとともに、運営と該当選手に対して謝罪と反省しかありません。
一度は引退を決意するほど追い込まれてましたが、知り合いの方々からあたたかい言葉をいただき引退は撤回しようと思っております。次のミリオンカップにもぜひ参加させていただきたいと思っております。このような私ですが、よろしければ応援のほどよろしくお願いいたします。 

 

タグ: OPEN interview